APRとは何ですか?どこに適用されますか?

4月

TAE は、Equivalent Annual Rate の頭文字であり、さまざまな金融商品の金利を検出するために頻繁に使用される金融用語です。 常に同じ方法で行われるため、貯蓄を目的としたものと任意の信用枠の両方から。 それはコストまたは 実効収量 期間に関係なく金融商品を対象としています。 操作が便利かどうかを判断するために、それらの比率を確認したことが何度かあるでしょう。

個人ローン、定期税、さらには株式市場の配当利回りを調べるときに、APR または同等の年率を設定したことがあるはずです。 なぜなら、これは、選択した金融商品での支出や貯蓄にとって非常に重要な要素となるためであり、通常は金融機関によって規制されているからです。 非常に重要な点は、混乱しないようにすることです TIN付き それは同じものではないからです。 なぜなら、ある時点で銀行を混乱させる可能性があるにもかかわらず、TIN は銀行がお金を割り当てるために受け取る一定の割合だからです。

しかし、APR とは何なのか、何のためにあるのか、どのように計算されるのかを本当に知っていますか? 以下では、この金融用語に関してお客様が抱く疑問について説明します。これにより、お客様はいつでも最適な金融商品、そしてもちろん最も興味のある商品を選択できるようになります。 このレートが非常に重要であることも知っておく必要があるため、 いつも同じではない また、計算がより複雑になる可能性があるいくつかのパラメータに応じて変化します。 それはおそらく、それを正しく理解するために伴う最大の問題です。

APR: どのように計算されますか?

計算する

等価年率という最も重要な部分にたどり着きます。 つまり、どのように計算して、テーブルの前にある金融商品が何であるかを知ることができるのかということです。 この意味で、TAE は、適用される金利と利息が支払われる期間を数式を通じて結び付けます。 最終的に必要となる関心を生み出すこと 受け取るか支払う 金融商品や銀行商品を契約するとき。

いずれの場合も、ローンやクレジット業務のさまざまな種類や条件を標準化するための基準金利として使用されます。 特に、このクラスの金融商品がさまざまな期間を考慮している場合、 清算、経費、さらには手数料。 これは、これらすべての商品を同じ数式の下にグループ化し、支払うか受け取る予定の金利を取得する方法です。 貯蓄商品と純粋で単純な金融商品の間には違いがありますが。

貯蓄商品の年利

同等の年率は、節約を目的としたさまざまな製品のパフォーマンスを決定するために計算されます。 その中で、当座預金、定期預金、銀行約束手形、およびこれらと同じ特徴を持つ他のものは際立っています。 この料金は運営または契約の利益に対応しており、常に 敏感な変化 彼らのうちの何人かの間で。 言い換えれば、現時点で 12 か月間の銀行預金の収益率は 0,12% であり、これはこのクラスの商品のユーザーに提供するために計算された APR です。

一方で、それらを正しく計算するには、次のことを忘れてはなりません。 支払い頻度 (毎月、四半期、毎年など)。 実際には、月々支払いの契約製品の同等の年率は年率と同じではないためです。 当然のことながら、この重要な会計要素に基づいて明確に区別されます。 あなたがすでにこれから想像できる他の多くの人と同様に。 これが最大の複雑さですが、銀行はこの点に関してあらゆる種類の支援を得ることができます。

製品の収益性

利益

当然のことですが、APR が高くなると、それに比例して収入も増加します。 この観点からすると、年利 3% は年利 1% よりも常に優れています。 これは、銀行ユーザーの大部分が最終的な計算を行う際に、他の技術的な考慮事項よりも明確に理解している点です。 その一方で、ある程度の頻度で、そして多くの場合、 規格への準拠 この数学的演算の最終結果についてユーザーに正確な情報が提供されていないという点では、多くの要望が残されています。

この特別レートを達成するには、XNUMX つの基本データにアクセスするだけで済みます。 これらのパラメータが何なのか知りたいですか? まず現金価格、次に銀行業務を通じて支払または受け取る金額、そして最後に、 月額料金。 これらのデータについてある程度理解していれば、このプロセスの中で最も難しい部分であるため、タスクを完全に理解することが容易になります。 多くの消費者が最終金額に達するまでに何らかの問題を抱えていることは不思議ではありません。

信用枠内で

同等の年率は、いかなる金融クラスにも制限なく適用されます。 つまり、個人ローン、消費者金融、または 住宅ローン、最も関連性の高いものの中には、 APRが上昇するということは、自己資金を賄うためにより多くのお金がかかることを意味します。 APR が 20 または 25% を超えていることは明らかだと考えるまでに 虐待的な いずれにせよ、雇用するのはあなたにとって不都合です。 理由は他にもありますが、それは今後数年間の負債レベルが増加する可能性があるからです。 それはとても簡単です。

このアプローチから、等価年率は、 本当の利益 金融商品のこと。 これらの特性を備えた商品を要求するために銀行が要求するのはお金です。 採用時に課せられるその他の条件。 数ユーロを節約したい場合は、より低い APR の製品を探す必要があるのは間違いありません。 結局のところ、加入しているクレジット枠に対して支払わなければならない金額が少なくて済むため、金額が多ければ多いほど、個人の利益にとって有利になります。

この料金に関する情報

情報

いずれにせよ、すべての住宅ローン、個人向けおよび貯蓄商品ローンのオファーで発表された APR を見ると、それはスペイン銀行が行っているためです。 企業に報告を義務付ける この重要な事実について。 ただし、TIN に基づいて、または間違った方法でそれを偽装しようとする場合もあります。 疑問がある場合は、契約する前に商品の利息をよく相談するしかありません。後になってからは何もできなくなり、銀行利用者としての義務を遵守する必要があります。

一方、等価年率または TAE は、金融商品が何であれ、金融商品の実際の状態を測る完璧な温度計です。 それはあなたにも役立ちます 最も競争力のあるものを選択する 何よりも、運用コストを数ユーロ節約できます。 いずれの場合でも、金利は決して固定されることはなく、逆に、金利が更新されるたびに長年にわたり変動します。 これは、この年率を特徴付ける定数の XNUMX つです。 変動金利ではなく固定金利を選択することも、その逆も同様です。

同じ条件で比較した場合

正しく理解するための鍵の XNUMX つは、同じ金融商品での比較に基づいています。 同じ締め切りで、異なるパラメーターを使用することはありません。 つまり、操作に意味がないため、同じ用語で金融商品を比較することは意味がありません。 たとえば、3 か月の賦課と別の 2 年の賦課を比較します。 この場合、あらゆる観点から見て完全に歪んだデータが提供されることになります。 それは何の役にも立たないという点まで。

今後考慮すべきもう XNUMX つの側面は、いかなる場合でも等価年率には考慮されないということです。 課税。 それどころか、最終的に決定されるのは、選択した金融商品の総利益です。 ただし、契約するときは、APRだけでなく、契約のすべての条件にも目を向けるべきであり、多くの多様な性質のものがある可能性があります。 一方、銀行が実際に支払うのは名目利息、つまり TIN であることを知っておくことが非常に重要です。 おそらく、この小さな詳細は、それを正確に理解するのに役立ちます。

最後に、同等の年率は、銀行がユーザーに自社の商品を購読させるために使用するフックの XNUMX つであることに注意してください。 たとえ彼らの現実が何であるかがある程度歪んでいたとしても。 いずれにせよ、これは金融商品や銀行商品を検討する前に検討すべき最も重要なパラメータの XNUMX つです。 それはお金に影響するからです。


コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。