産油国

産油国

石油は世界のブラックゴールドです。 石油は世界を動かします:それでガソリン、プラスチック、そして多くの派生物が製造されます。 たくさんありますが 産油国、スペインは石油を生産する国ではなく、少なくとも大量に生産する国ではなく、価格の変動に悩まされて、毎年の予算の大部分を石油の購入に充てなければなりません。

たとえば、このXNUMX年間 石油価格は過去最低を記録しました スペインなどの輸入国に大きな節約をもたらします...しかし、それらが上昇した場合、価格はガソリンから始まり、国の生活に影響を与える連鎖的に上昇します。

石油価格の設定方法

石油の価格はXNUMXバレルあたりに設定されています、リットルやガロンの代わりに、そして石油は安定した商品であるため、その価格は需要と供給に基づいて設定されます。

それはすべて1960年に始まり、ベネズエラの主導で、世界最大級のXNUMXか国がバグダッドで出会い、 石油輸出国機構。 現在、世界の生産量の45%を占めるXNUMXか国があります。

産油国

この組織は、70年代に米国の石油危機で起こったように、生産量に基づいて世界の石油レベルを管理し、価格を設定し、その変動性が世界を狂わせないようにします。

一方、ロシアなどの組織外の国々は、生産と価格を一方的に管理しており、多くの場合、クライアント国を経済兵器として使用し、ガスでも同じことを行っています。 次に、 最も重要な産油国はどれですかs.

主な産油国

主要な石油国 彼らは前の組織のメンバーではありませんが、実際にはメンバーです。

主要な産油国のリストは必ずしも同じではありません。実際、最近、「トップXNUMX」に含まれる国のXNUMXつであるベネズエラがXNUMX位に落ち、それが原因なのか症状なのかが議論の対象となっています。危機ベネズエラ。

CIAからの情報によると、私たちはメインを提示します 世界の産油国。 

クウェート

世界でXNUMX番目に大きい石油生産国です。 その生産量は約2,7万バレルの石油であり、世界の総生産量の約3%を占めています。 サダム・フセインが1990年に国に対して行った「調査」、ペルシャ湾での有名な戦争のために、それは戦争に苦しんだ。

その埋蔵量は100年の期間があると推定されており、国の堅実な収入基盤となっています。

メキシコ

メキシコ 世界でXNUMX番目の輸出国です、約2,85万バレルを生産しており、国が実施している改革と将来の埋蔵量の多い油井の発見のおかげで大きな展望があります。

石油輸出による収入は、国の総収入の10%を占めています。

イラン

イランは3.4万バレルを生成します、そしてその埋蔵量と未開発の井戸のおかげで、それはいわゆる「超大国」の国と見なされています。

これらの3.4万バレルは、世界で毎日移動する石油全体の5,1%に相当します。 これらの輸出から生み出されたお金は、イランの総収入の60%を占めています。

そしてそれは、石油だけでなく、電気やガスでも多額の収入を保証する準備金を当てにすることはありません。 イランは多くのことを話します。

アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦は、アブダビ、アジュマーン、ドバイ、フジャイラ、ラスアルハイマ、サルジャ、ウンムアルカイウェインで構成されるアラビアにある連邦です。

これらを合わせると、主にアラブ首長国連邦の液体抽出の主要な中心地であるアブダビ、ドバイ、サルハによって生産された約3.5万バレルが生産されます。

約100億バレルの埋蔵量があります。 彼らはそれのおかげでたくさんのお金を持っているので、彼らはお互いを救うことができます。

ドバイは、すべてにもかかわらず、石油から解放される準備をしており、その経済はますます流動性に依存し、観光とビジネスに依存しています。

イラク

イラクは、その地政学的問題、内部紛争、アルカイダ、最近のダーシュ攻撃、そしてXNUMX年以上続く軍事介入によって罰せられた国によって非常に深刻に罰せられています。

それにもかかわらず、イラク 世界でXNUMX番目に石油埋蔵量が多い国です、大多数は無傷の分野であり、それにもかかわらず、それは約4万バレルの石油を生産し、それは国のエネルギーの94%と国の総収入の66%を提供します。

国が問題を解決するとき、大きな未来が期待されます。

カナダ

リストにある別の北米の国 最も重要な産油国の。

カナダは世界の人口のわずか0,5%ですが、世界を移動する石油の5%以上を生産しています。

生産量は約4,5万バレル、埋蔵量は180.000万バレルに達し、地球上でXNUMX番目に大きい石油埋蔵量です。

カナダの「問題」は、その埋蔵量のほとんどがタールシャフトにあることであり、これはその抽出を複雑にします。 技術によって抽出技術が安くなると、カナダの原油生産量は増加します。

中国

中国の原油生産は過去XNUMX年間着実に増加しており、政府による経済開放のおかげで、過去XNUMX年間で予想外の大きな成長を遂げています。

約4.6万バレルの原油を製造しかし、その消費は残酷であるため、それでも、特にロシアや他のアジアやアラブ諸国からの粗輸入国であり続けています。

その埋蔵量は、多かれ少なかれ20億バレルと控えめですが、フラッキング(水圧破砕)のおかげで、その生産量と埋蔵量は大幅に増加すると予想されます。

ロシア

ロシアはすべてにおいて巨人であり、石油ではアキレス腱を見つけることができませんでした。

SUS 11万バレルの石油は、全体の13〜14%を占めています 世界を移動する原油の。

その埋蔵量は国内でXNUMX番目に大きく、北極圏のシベリアとロシア北部の氷の下、また厚くて固い氷の下に隠されているすべての原油を数えていません。

ロシアは、領土内で地球の全領土のXNUMX分のXNUMXを占めていることを思い出してください。これにより、ロシアはすべての預金を十分に活用していないことがわかります。

サウジアラビア

最近まで、それは世界最大の原油生産者であり、約12万バレルの石油を保有していました。 その原油埋蔵量は、それ自体で、 既存の原油の5%に相当 今日、世界では、そして大部分はまだ活用されていません。

他の種類のエネルギーや燃料を優先して生産量が減少したため、そもそも失った。

米国

水圧破砕とその油田の利用の増加のおかげで、 北米でXNUMX番目の国が世界ランキングをリードしています ほぼ14億の原油で。 技術への多額の投資により、彼らはタールサンドや頁岩などの最新の原油抽出方法を実装することができました。

世界最大の原油生産国であるにもかかわらず、中国の問題を抱えています。需要が生産能力を超え続けているため、他のXNUMX大石油国であるメキシコとカナダに大量の原油を輸入しています。

石油への投資戦略
関連記事
石油への投資:2016年に最も活発な市場

世界最大の石油埋蔵量を持つ国

産油国

必ずしも産油国であることがあなたをより良くするわけではありません、おそらく私たちはより大きな視点で世界の産油国を見ることができます:大規模な生産に加えて、どの国がその位置と安定性を保証する準備金を持っているかを見てください未来。。

世界最大の石油埋蔵量を持つ国

(数は数十億単位です)

  1. ベネズエラ-297,6
  2. サウジアラビア-267,9
  3. カナダ-173,1
  4. イラン-154,6
  5. イラク-141,4
  6. クウェート-104
  7. アラブ首長国連邦-97,8
  8. ロシア-80
  9. リビア-48
  10. ナイジェリア– 37,2
  11. カザフスタン-30
  12. カタール-25,380
  13. アメリカ合衆国-20,680
  14. 中国-17,300
  15. ブラジル-13,150
  16. アルジェリア-12,200
  17. アンゴラ-10,470
  18. メキシコ-10,260
  19. エクアドル-8,240
  20. アゼルバイジャン-7

主な石油輸出業者

何を知る必要があります 輸出を決定した国 多くの、そして実質的に、石油に基づく国民経済。 イラン、メキシコ、ベネズエラのように、今月のように減少が予算に大きな影響を与えるケースが見られます。

石油生産者

この最後のリストを使用すると、国の健康状態と、どの国が石油を最もよく管理しているのかをよりよく確認できます。

  • アフリカ:アルジェリア、アンゴラ、リビア、ナイジェリア。
  • 中東には、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、イラク、クウェートがあります。
  • 南アメリカにはエクアドルとベネズエラがあります。

そして最後に、OPECのメンバーではない大規模な生産者と輸出業者には、カナダ、スーダン、メキシコ、英国、ノルウェー、ロシア、オマーンがあります。

のリストは 産油国 時間とともに? 可能性は高いですが、私たちが見たもののほとんどは何年もの間生産チャートを上回っているので、変更はすぐには起こりません。

主な石油消費国

コインの反対側には、毎日最もバレルを消費する国があります。 米国のように、最大​​の石油生産国であるにもかかわらず、生産量よりも多くの石油を輸入する必要がある場合もあります。 これは、その需要がまだ提供できる生産量よりも大きいためです。 もう少し詳しく見て、この現象の世界的な考えを理解するために、次のリストで、各国のXNUMX日の消費量と、住民の単位あたりの平均石油消費量を確認できます。

数千バレルでのXNUMX日あたりの国の石油消費量

2019年、2018年に取得されたデータでは、これらは XNUMX日あたりに消費されるバレル(千単位) 国ごと:

  1. アメリカ合衆国:20.456
  2. 中国:13.525
  3. インド:5.156
  4. 日本:3.854
  5. サウジアラビア:3.724
  6. ロシア:3.228
  7. ブラジル:3.081
  8. 韓国:2.793
  9. カナダ:2.447
  10. ドイツ:2.321
  11. イラン:1.879
  12. メキシコ:1.812
  13. インドネシア:1.785
  14. 英国:1.618
  15. フランス:1.607
  16. タイ:1.478
  17. シンガポール:1.449
  18. スペイン:1.335
  19. イタリア:1.253
  20. オーストラリア:1.094

これらの違いに影響を与える要因は何ですか?

一方では 人口の量 と他の 各国の富のレベル。 ここでは、一人当たりの収入でそれを定義することができます。 これは、米国が最も人口の多い国ではなく、大量の石油を消費した理由を説明しています(住民22人あたりXNUMX日約XNUMXバレル)。 実際、その人口は平均して人が消費する量のXNUMX倍強を消費しました スペイン(住民10人あたりXNUMX日約XNUMXバレル)。 そのため、人口ははるかに多いが、中国のようにXNUMX人当たりの所得がはるかに少ない国では、米国よりも石油の消費量が少なくなっています。

たとえば、中国とインドの人口は非常に似ており、インドの人口はわずかに少なくなっています。 しかし、中国の富のレベルはより高いので、石油消費もより高かったのです。

石油の55バレルあたりの平均コストは現在のレートで約2018ドルで、1.335.000年まで持ち越すことができます。スペインが73.500.000日あたりに消費した量であるXNUMXバレルの消費量は、XNUMX日あたりXNUMXドルでした。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

5コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   ホセエンジェルキンタニラD

    この記事の発行日はいつですか?

    1.    カート

      Susana Maria UrbanoMateosによって6年2016月11日午前16時XNUMX分に投稿されました。

  2.   ダニーダニエル

    こんにちは。輸出国が提供する原油の仕様を教えてください。

  3.   ズーゼル

    私はそれが地球の深さで清算されたことは、地震と地球の温暖化を避けるために構造プレートを冷やして湿らせることであるということを意味します私の無知の中で私の意見

  4.   アグスティーナ

    とても良い記事