不動化素材

有形固定資産は、耐久性が XNUMX 年を超える要素で構成されています。

有形固定資産は、会社の生産的な部分すべてで構成されています。 XNUMX年以上保管されている. その中には、会社内の複数の会計処理に使用されるさまざまな要素が統合されています。 要素に物理的な表現がない、つまり触れることができない無形資産と混同しないことが重要です。

次に、有形固定資産とは何かを見ていきます。 これらの要素にはどのような特徴がありますか?. また、それらのそれぞれを一般会計計画にどのように入力する必要があるか、およびそれらの入力が占める場所も確認します。 最後に、帳簿価額を書き留める方法と、その機能を実行する期間からそれを差し引く方法。

有形固定資産とは

有形固定資産は、定期的に費用から差し引くことができます

有形固定資産はそれらのすべてです。 ビジネスで使うアイテム 経済的に稼働し、耐久性が XNUMX 年を超える、つまり、 会計年度のそれよりも大きい. その機能の推定期間の終わりに中古市場で販売できるのがこの理由でない限り、その販売は計画されていません。

無形資産と混同しないでください。 もちろん、有形固定資産は、有形固定資産および金融固定資産とともに、会社の貸借対照表の非流動資産を形成します。

その特性上、次の基準を満たす要素が含まれています。

  • よくなる 企業内の商品および/またはサービスの生産活動の一部を形成し、この目的のために使用される資産。
  • 物理的であること。 つまり、触ることができるもの、物理的に存在するものでなければなりません。 この機能により、無形資産や金融資産と区別されます。
  • アクティビティを実行するために必要です。 機械、オフィス、土地、工業用建物など。 会社の生産的な発展に必要な要素。
  • 販売予定はありません。 会社の運営に欠かせない存在です。 もうXNUMXつは、資産が古くなった場合の売却、または譲渡、改修などのその他の場合です。
  • 1年以上滞在する。 有形固定資産が少なくとも1年間必要な機能を提供すること。 プリンターのインクや製造の原材料など、サービスが XNUMX 年未満の場合は、現在の資産について話します。

有形固定資産の一般会計計画

有形固定資産とその特徴

一般会計計画は、それらをどのように評価するか、どのように会計処理するか、およびそれらの取得を費用として計算する方法を規制します。 さらに、勘定科目表には、有形固定資産であるすべてのパーティが表示されるグループ (21) が含まれます。 これらのアカウントは、このタイプの固定資産を構成する部分を知るための列挙を行うのに役立ちます。

  • 土地と自然資産 (210)。 太陽の都市の自然、素朴な農場、その他の都市以外の土地、鉱山、採石場。
  • 構造 (211)。 生産活動に使用される一般的なすべての建物。 床、倉庫、敷地。
  • 技術設備 (212)。 特殊な生産単位を形成し、分離可能な要素で構成される、性質の異なる商品のグループ (財産、機械、材料)。
  • 機械 (213)。 製品の製造または抽出に使用される資本財。 内部輸送機器も付属。
  • ツーリング (214)。 機械と一緒に、または別々に使用されるツール。
  • その他の施設 (215)。 それらは異なる要素であり、ポイント 212 に含めることができない生産プロセスに明確にリンクしています。スペアパーツまたはこれらの施設のスペアパーツも含まれています。
  • 家具 (216)。 事務用品および備品は長期的に考慮されます。
  • 情報処理装置 (217)。 コンピューター、電子機器およびその付属品。
  • トランスポート要素 (218)。 人や物資などを輸送するために会社が所有する車両が含まれます。 陸でも海でも空でも。
  • その他の有形固定資産 (219)。 これには、前のポイントに含めることができない残りの有形固定資産が含まれます。 たとえば、サイクルが XNUMX 年を超えるパッケージまたはスペアパーツ。

有形固定資産の帳簿価額は?

ビジネス会計記録を保持するための要素

有形固定資産を会計に登録する際の帳簿価額の割当 PGCの一般的な基準が使用されます 取得または生産コストを割り当てる。 取得された場合、請求書、手数料、購入税、および追加される可能性のある費用は、表示されなければならないものです。

有形固定資産は複数会計年度にわたって存続するため、 あなたの費用はすぐには計算できません. この費用は、要素がその機能を実行する全期間に相当します。 このようにして、定期的な支出が行われます。 同様に、その減価償却と劣化は、時間の経過に伴う価値の損失を計算するために使用されます。 減損は、帳簿価額が品目の回収可能価額を上回っていることが示される限り、適用される可能性があります。 売却の場合、その価値は回復できません。

あなたの会社の会計プログラム
関連記事
あなたの会社の会計プログラムが必要ですか?

記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。